白石/hitodama128/コースの雑記

白石倖介(ひとだま128)(コース)の雑記です。Tech・まんが・毎月のまとめなどを書きます。お仕事依頼はメールをください(記事を書いたり、編集したり、写真を撮影したりできます)Mail:hitodama128 at icloud.com

伝播する至近未来を夢見て

8月から進めていた企画が、記事化されました。

 

kai-you.net


 ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメンバー・和田輪さんの「個人VTuber活動」について取材しました。主観と客観・実存と虚像の間で彼女が考えていることの格好良さ、面白さが多くの人に伝わることを願って、取材記事を書きました。

 記事公開後、嬉しかったことはたくさんあるのだけれど、エピソードをひとつだけ。
「インタビューの一言目」についての話。今回のインタビューの一言目は、こうでした。

f:id:hitodama128:20181002232407p:plain

 インタビューって、わかりやすくするために構成段階で話の順序を組み替えたりするものだけれど、僕はこの冒頭だけは変えたくなかった。その後の話にも続く文脈として強い意味があると思ったから。それに、「MOSAIC.WAVを知らない和田さんのファン」がこのインタビューを読んで、MOSAIC.WAVにも興味を持ってくれたら、それは幸いの連鎖だと思うし、その連鎖を起こしたかった。編集のふじきさんには「難しすぎる」って言われて、それもそのとおりだから何度も話をしたけれど、最終的にふじきさんもイキママで通してくれた。
 だから、記事公開後こんな事が起きて、僕は本当に嬉しかった。

 

 MOSAIC.WAVの柏森さんに記事が届いて、本当に嬉しかった。MOSAIC.WAVのファンにも、Maison book girlのファンにも、和田さんのファンにも、ワダさんのファンにも、伝播して、連鎖して、この記事が読まれて、どこかで(インターネットがそう振る舞うように)つながってほしい。

めがねでねっ!

めがねでねっ!

 
キミは何テラバイト?

キミは何テラバイト?

 

MOSAIC.WAVAmazon Musicを始め多くの定額制音楽サービスで配信されています。ぜひ、聞いてください……。

 

-----

 8/12の夜に彼女の初配信を見て、「とんでもないものを目撃してしまった」「この事象を多くの人に伝えたい」という思いから、以前Twitterで知り合った編集者である(あとで聞いたら知り合いでも何でも無かったんだけど同い年で意気投合した)KAI-YOUのふじきさんに即DMを送ったのが14日。企画が通って記事化の運びとなりました。初めて自分で企画立てて、インタビュー・文・撮影・作図を全部やった記事です。
 常に一番輝くべきはコンテンツで、執筆や編集の仕事は「コンテンツをどんな切り口でどう見せれば一番輝くのか?」「多くの人に届く最適解はどれだ?」というところにあると思う。僕には雑誌(紙)の編集経験しか無いので、必然初稿はそういう構成になってしまい、ふじきさんから構成に大きなダメ出しが入り、さらには「コースさん本当にこれが書きたかったの?」と言われ、大幅な構成変更を行いました(その結果が「特別ふろく」になっているところがおもしろポイントです)。ふじきさんがWebに最適化されたサイコーの編集をしてくれたので、超勉強になりました。ありがとう。

 ちなみに、一番がんばったのは専門外の作図です。ラフ描いてデザイナーさんにお願いすることはあっても、作図全部1からやるのは初めてだったので大変でした。いらすとやさんに超感謝しています。「いらすとや和田輪さん」はもちろんですが、特にイヤフォンの切り貼りをがんばりました。

 ・編集前

f:id:hitodama128:20181002232745p:plain

・編集後

f:id:hitodama128:20181002232755p:plain

 過去演劇を学んでいた僕も、高校生の時から毎年「文化庁メディア芸術祭」の展示に足を運ぶ僕も、Apple専門誌で編集をやっていた僕も、中学生の頃から今に至るまでMOSAIC.WAVを聞きながら秋葉原に通う僕も、全部ぶつけた企画です。ぜひ読んでください。
 ちなみに、「VTuberの実在性」については以前こういう記事も書いています(mixiニュースに載ったのが、めっちゃ嬉しかった)。和田さんのインタビューが面白かった人には、ぜひこの記事も読んでほしいです。

realsound.jp