hitodama128/course128

lHitodama128/Course128/しらいしこうすけの雑記。Tech・まんがなどについて書きます。Mail:hitodama128 at me.com

ゴールデンウィークのわたし

GWは
Magic The Gatheringの大会
•コスエクスプレス
•大学時代の友人がいる劇団の芝居
•Maison Book Girlワンマン「Solitude Hotel 4.9」@東京キネマ倶楽部
コミティア124
•第十五回博麗神社例大祭
•GASOLINE vs 挫・人間

などに行きました。上から行こう。


Magic The Gatheringの大会
ここを見てくれ→http://smallstone.diarynote.jp/201805071959261901/


•コスエクスプレス
2年前の冬コミで、すごい素敵なロングスカートのメイドさんコス本を見つけ、それ以来ことみさん、という人のファンなのですが、その人の新刊が出るというので買いに行った。コスプレオンリー即売会に初めて行ったので色々衝撃を受けた。入り口で身分証を出す即売会に初めて行った。

会場が1F、4F、5F、6Fと別れており、自分の買い物は1Fだったので2秒で終わったのだけど、全部の階に行ってみることにした。
簡単に言うと、1Fは健全で、4F/5F/6Fは登るごとにエロかった。
5Fとかになると、”すげえ服”着た女の人が大量にいて、そんで笑顔で自分のエロ写真が入ったDVDを売ってるんですよ。
会場は同時に撮影会の様を呈していて、サークルで撮影券を買うかもらうかして、指定された時間に行けば数秒から数分の間1to1で撮影できる、という仕組みになっていた(撮影券の扱いはサークルにもよると思う)。
「めちゃめちゃ可愛い女の子にお金払うと一定時間写真撮れるシステム」がそもそも未体験カルチャーで、見たことも無いことが起きまくっているので、コスプレ酔いを起こして1Fまで降りた。
さっき本を買った時に、ことみさんの撮影券をもらっていたので、撮影させていただき、会場を出た。1Fが牧歌的で本当に良かった。

イベントは18禁だったけど、あのイベントに18歳男子が行ったら脳が灼けると思うので、21禁とかにした方がいいと思う…。


•大学時代の友人がいる劇団の芝居
で、コスプレ酔いした頭で新宿に行った。”大学時代の友人”というクラスタが僕にはほとんど存在しないのだが、数少ない「顔と名前が一致する友人」が新宿で芝居を打つというので、久々に会おうと思い行ってきた。芝居自体はそこそこ面白かった(酷い芝居は開始5秒で酷さに気づき、後は指をこねるぐらいしかやることがなくなるのでそれよりずっと良かった)。
https://reticleza.stage.corich.jp 

そういう感じでした。


 •Maison Book Girlワンマン「Solitude Hotel 4.9」@東京キネマ倶楽部
開幕5分ぐらい遅れてしまったのだが、入った瞬間にすべてを理解できた。スクリーンには見慣れた日付、前回年末の20171228「Solitude Hotel 4F」をシーケンスとして”再生”していた。そして件のFaithlessnessではやはり口パク、サビではメンバーが一人ひとり退場していき、井上唯さんが白い箱を持ってくる。全員が消えたかと思うと、再度舞台に帰ってきて、照明が光ると生歌でFaithlessnessを歌う!スクリーンの日付は20180504!ブクガが現世に帰ってきた!
そこから怒涛のライブセトリ、新曲も2曲やって、すごくすごく良かった。4F見てた人は絶対嬉しいライブだった。
「レインコートと首のない鳥」格好良かったな。シングルも楽しみ。もうすぐイギリスでアナログ盤が出るので(通販でプレオーダーできた)これも楽しみ。
ブクガ知らない人は、Youtubeでライブ見てみてください。
(いきなり4F見ると困惑するので3Fから見るか、既存の単曲の動画見てね)


Maison book girl 2017,05,09「image tour final “Solitude HOTEL3F”」 @AKASAKA BLITZ


コミティア124
僕はコミティアが大好きなんだ。
コミティアは創作同人オンリーの同人誌即売会。既存の作品のファンアート・二次創作は頒布されないのが大きな特徴。
前日に下川から連絡が来て、一緒に参加することになった。初参加だと言うので意外だった。
当日、「あともう一人、初めての参加で不安だから合流したい、っていう人がいるんですけど一緒に行ってもいいですか?」と言われ、「僕はいいけど…笑」となって合流した。
突然だけど「初めて中規模~大規模の同人誌即売会(イベント)に行く時、覚えておきたいこと」を書いておく。

 

・あらかじめ開催の前にカタログを買って、家で全部読む。
→ぶっちゃけこれだけきちんとやっておけば間違いは起こらない。会場でのルールも欲しい本の場所も全部載っている。初めてのイベントではおそらく会場で呆然としてしまう。欲しい本があるならそれがどこに売っているのかを地図上で見ておくこと。

・気になる”ジャンル”がどこで売っているのかを地図で見ておく
→目的の買い物が終わった後で、どこを歩けば面白いか何となく分かるから。

・1万円札よりも1000円札10枚
→単価が安いので、お釣りを用意できないサークルもいます。1000円持っていきましょう。

・午後から行く
コミケは10時開場、コミティアは11時会場。スタート直後は入場列があるので、せっかく会場についても中にはいるのには時間がかかる。

「なんとなく気になる本が売ってるらしいしとりあえず行ってみる」という感じで行くと、滅茶苦茶人多くて面食らうし、有名サークルの本だと買えなかったりもするし、なにがなんだかわからないまま帰ってきてしまうこともあると思うので、それはすっごいもったいない。有名サークルの本は同人ショップで委託されたりもするので、初回の参加から、「会場で買うために全力出す」のはあんまりおすすめできない。

と、そういうことを人に伝えながら生きている同人誌好きなオタクなので、初参加の人に後悔してほしくないし、楽しんで欲しい、と強く思いながら、3人パーティで歩くことに。コミケとティアでブーストが働くタイプのオタクのため、初対面の人に「よく歩きよく買うきしょいオタク」を存分に見られてしまった。悲しい。
売野機子先生<ロボット・シティ>の新刊が欲しかったのだけど、完売しており、「完売おめでとうございます」と申し上げました(ZINでの委託決まってて超嬉しい)。

その後、下川と僕の聖地的カレー屋さんへ移動し3人でカレーを食べていると、下川に連絡が入り、合流者が更に増えるということで、もうこれはビールでも飲むしか無いなということでメイドさんの居るカフェ的な居酒屋的な店へ。
ここでの会話が大変に楽しく、自身まったく身にそぐわない机の末席で、こんな楽しい時間過ごしていいのか?と言うような時間でした。本当に楽しかったので、これはマジなんですが、肩こりが消えました。
解散後、帰路につく時気づいたんですが、こんなに楽しい思いして、しかも手元に同人誌あるのマジかよと思いますよね?
自分で買ったこと瞬間的に忘れてたりするから、”え、好きな同人誌すごい手元にあるんだけど天才か?”と思う。
家に帰って少し寝て、買った同人誌を読んだ。
<ていこくらんち>の「カメラバカにつける薬」がめっちゃ面白いです。もう、めっちゃ面白いです。
https://teikokulunch.booth.pm
ほかにも買ったけど、好きな同人誌はまた別で記事にまとめたい。


•第十五回博麗神社例大祭
バカなので翌日も国際展示場へ。例大祭の参加は13年ぶり。前回は第二回の例大祭に参加して、それ以降、東方界隈が水で膨らむ怪獣みたいにいきなりドカーンと大きくなって、いきなり大きくなるものが怖いから追わなくなっちゃったんですよね。でも、最近また東方界隈を少しずつ追うようにしている。その一環として、超久しぶりに参加した。
不思議な縁で知り合った人などに挨拶をしつつ、本などをふらふら買っていると、一昨日のコスエクで新刊を買ったことみさんに遭遇(企業のコスプレコンパニオンで、魔理沙コスをしていた)偶然お会い出来たので撮影させていただいた。
趣味とは、すべて、そう、すべての趣味が、すべてを取りきることは不可能な形で存在しており、どこかで絶対取りこぼしてしまうのだけれど、それでも僕らはそれを追いかけたいのだ。例大祭は楽しかったです。


•GASOLINE vs 挫・人間
で、例大祭が終わったタイミングで暇になり、せっかくなので新宿まで行ってこれを見てきた。O.Aの地球がくそやばい。も最高だった。
下川氏は特に調子が良くて、もう露骨に調子が良くて、梶原くんと「今日すげえ良いな」という話をした。あと梶原くんとはカードゲームの話もした。
挫・人間、シングルすごく楽しみです。セトリがシングルへの期待を高めて来た。古い曲と新しい曲で産まれるメリハリって、そこに当たるスポットライトと同じぐらいキラキラしたグラデーションになってて素敵。恵比寿リキッドルームのワンマンももうすぐじゃないですか。こっちも超楽しみ。

そんな感じのGWでした。今年は夏コミで新譜CD出す(ミニアルバム作る)必要が有るので、そろそろ曲を作らなければ、と思いこの記事書いてたら一日が終わっていました。文章は書かないと書く速度が落ちる。