hitodama128/course128

lHitodama128/Course128/しらいしこうすけの雑記。Tech・まんがなどについて書きます。Mail:hitodama128 at me.com

カメラの話の続き。

調子が悪いと文章書けなくなっちゃうんですよね。2月は全く更新しないまま過ぎてしまった。

前回の記事で書いていた、買ったカメラ(α7II)の話を軽く。

カメラを買った数日後、大雪が降ってきた日に、秋葉原に行って撮った写真です。

 

20180122秋葉原 

 

ーーーーー

・「レンズから入ってきた光を鏡で反射させてファインダーで覗く仕組みのカメラ」を「一眼レフ」と呼び、鏡の入ってないカメラを「ミラーレス」と呼ぶ。

・カメラは「センサ」で光を取り込んで画像を作る。一眼レフやミラーレスは、コンパクトカメラに比べてセンサが大きく、いい感じの写真を取ることができる。

・センサの大きさにも種類があり、「フルサイズ35mm」「APS-C」「マイクロフォーサーズ」などという名前で呼ばれている。フルサイズが一番強い。

  

という前提のもとで、”ミラーレス”というジャンルのカメラは多数あれど、”フルサイズミラーレス”は世界で1社、ソニーしか作っていない。高校生の頃から、「いつかフルサイズが欲しい」と思っていた私、2018年にして念願の初フルサイズです。

レンズも、念願のツァイス(ドイツの光学メーカー。いいレンズ出してる)を買いました。  

 

大雪の夜に持ち出した感想としては

・本体軽い!

・レンズ明るい!

・RAWの情報量がとんでもない

・フォーカスポイント設定が面倒!(動体の撮り方を模索中)

でした。ほんといいカメラ。

 

しばらく撮ってなかったけれど、いいカメラを買ったので、ライブ写真とか撮れるときは撮ろうかなと思いました。