hitodama128/course128/Flying_coaster9

下っぱ編集者の雑記。

傑作でした。

ずっと読みたかった本をやっと読みました。

 

無花果とムーン (角川文庫)

無花果とムーン (角川文庫)

 

 

ハードカバー版は発売時から持っていたのだけれど、桜庭先生のサインを頂いたため、手をつけずに文庫の発売を待っていた本。

文庫まだかなー、と思っていたら全然知らない間に出ていた。焦って購入して、先ほど読みきった。

 

まっすぐで、切なくて、脆くて、ぐずぐずと柔らかい、文字にし難い多感さを宿した少女が、とても悲しい死を見つめ、悼む話。

大傑作でした。

 

まさにただいま、「無花果とムーン」の衝撃が読後の僕を打ちのめしています。

まっすぐな少女と、こんなにまっすぐ向き合っていることが素敵すぎる。

あまりにも気持ちがまとまらないので、僕が桜庭作品大好きなことを、明日以降まとめて書く予定。