hitodama128/course128

lHitodama128/Course128/しらいしこうすけの雑記。Tech・まんがなどについて書きます。Mail:hitodama128 at me.com

6月のわたし。

物語の終わりについて連載をすると書いたが、あれは書こうと思ってた物語を再読する必要があり、しかも今手元になかったりするし、何よりオチの読書感想文は未見の人に与えるダメージがでかいのでやめた。ネタだけ下に書いておく。 ----- ガンスリンガー・ガ…

今、僕が眠れない理由

泣いた夜の野暮です。 セトリに沿ったレビュー的文章や、「ライブのここが格好良かった!」みたいな総括、今までのライブとてらした評論や、メンバーへの思いなど……を書く気持ちには全くなれず、しかし眠れず、結果、心に寄り添ってライブの感想を書いた……。…

借金玉氏のハウツー本は、人生という死にゲーのドキュメンタリーだ

この本には、発達障害者の死に覚えゲーの記録が残っている。タイトルは編集者と一緒につけたのだと思うのだが、恐ろしい内容だ。タイトルに辟易せず、すでに診断を受けている人にも、自身の発達障害を疑う人にも読んでほしい。 僕がADHDの診断を受けたのは小…

月。

14日 先日知り合った外国人、頻繁に連絡をくれるので嬉しい。コミュニケーションの化物っぽい。「今週何してたの?」と聞かれた(調べたら英語圏ではよく見るコミュニケーションらしい)ので、「友達と酒のんでカードゲームしてたよ」と伝えた。そう、今週は…

金土日のわたし。

<金土日のわたし> 金土日は 金(11):友人に誘われて飲み会へ 土(12):昨日知り合った外国人とタイフェス→秋葉原サイファーへ 日(13):Magic:the.Gatheringの大会→デザフェスへ という感じでした。 <<金>> 秋葉原でMagic:the Gatheringの店舗大会に出ていたら…

ゴールデンウィークのわたし

GWは •Magic The Gatheringの大会 •コスエクスプレス •大学時代の友人がいる劇団の芝居 •Maison Book Girlワンマン「Solitude Hotel 4.9」@東京キネマ倶楽部 •コミティア124 •第十五回博麗神社例大祭 •GASOLINE vs 挫・人間 などに行きました。上から行こう…

MOSAIC.MAID給仕祭と13歳の僕。

先日、MOSAIC.WAVがディアステージで喫茶&ライブイベントをやるということで、下川くんと行ってきた(ベルサールでは電撃祭がやっていて、バーチャロンの試遊台が稼働していた)。カフェもライブも素敵なイベントでした。2018年に"AKIBA-POP"を秋葉原で聴け…

カメラの話の続き。

調子が悪いと文章書けなくなっちゃうんですよね。2月は全く更新しないまま過ぎてしまった。 前回の記事で書いていた、買ったカメラ(α7II)の話を軽く。 カメラを買った数日後、大雪が降ってきた日に、秋葉原に行って撮った写真です。 20180122秋葉原 ーーー…

カメラと僕。

中学ぐらいからずっと、趣味で写真撮影を続けている。最初は主に、風景を撮るのが好きだった。 2003年。中学生の頃、初めてデジタルカメラを買った。当時はスマートフォンなどもちろん存在せず、一部の携帯電話にやっとカメラが搭載されたような時代。人は皆…

2009年の思い出 第2話 土曜日が見せた夢

前回書いたこと、そしてこれから書いていく文章は、ほぼ全て僕の思い出・記憶と、過去の日記を見て精査したものなので、事実と違う部分があるかもしれない。なのでツッコミがあるときはいつでもコメントください。適宜修正or反論します。 前編はこちら。 htt…

2009年の思い出 第1話 挫・人間と出会う前。

昔から文化史が好きだ。人が何かを作った際に起きた事象を、当事者たちが後から振り返って書いた本などが好きで、そこには、僕が絶対に体験できない過去の熱狂が保存されている。その熱狂は、当事者からすれば意外となんでもないことであったりして、例えば…

ピンクから水色へ(「夏の魔物 2017」の感想とレポ<後編>)

ギターウルフの演奏中、プロレスリングに靖子ちゃんのステージが作られていた。ど真ん中でやるという予想が当たり、完全にベストポジションで靖子ちゃんを見られることにワクワクしながら靖子ちゃんの登場を待つ。 ミッドナイト清純異性交遊のオケと共にリン…

「夏の魔物 2017」の感想とレポ<前編>

秋葉原サイファー主催いーえっく氏に誘われて、夏の魔物2017 in KAWASAKIに行ってきました。見たい人もそこそこいたし、フェス初めてだったので人に誘われて行けるのはありがたかった。母親もチケット取ってたんだけど、直前で行けなくなったので友人、スバ…

C92新譜、遠近感失調眼鏡歌詞置き場

<01.sensitive>Trackmaked by キャプテン・アキハバラ *Hook*歴史も新た逆さになったこなたと彼方探してるありか時間も次元も越えてくために懐古主義者を殺すひとたち時代遅れな戯言効かず言いたくないから歩いています終わらなかった旅をまた始め今一人で立…

差別のループ

最近は読書お休み。 インターネットを見ていると、 聞くのも嫌になるような差別的な侮蔑を簡単に見つけることができる。例えば「中国人・韓国人がどうのこうの」とか「右/左がどうのこうの」とか。あるいは「黒人・黄色人種のカラーがどうのこうの」とか。「…

砂糖菓子は誰のもの(桜庭一樹の話)

少女の比喩としての「砂糖菓子」って誰が言い始めたんでしょうね。 僕は萩尾望都が「10月の少女たち」のフライシー編で使ったやつが大好きです。 10月の少女たち (小学館文庫 はA 45) 作者: 萩尾望都 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2012/10/13 メディア: …

傑作でした。

ずっと読みたかった本をやっと読みました。 無花果とムーン (角川文庫) 作者: 桜庭一樹 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2016/01/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る ハードカバー版は発売時から持っていたのだけれど、桜庭先生のサ…

全巻一気に読まないと読めない。

新しい漫画を読んだ時に「ooの焼き増しに見える」とか「ooより新しいことできてない」とか、思うのはいいにしても、得意げにペラペラ言うのは、ダサい。 それはその作品のファンにとって全く関係のない言葉だし、なにより「お前がその作品に新しさを見出せな…

blogを作りました。

人生4度目のblogです。 最近全然本を読まなくなってしまい、不意に思ったんですが、 学生時代、blogを持っていた頃は本を読んだり、映画を見たりしたあとで、 感想をブログにまとめるところまでセットになっていたので、 「blogに書こう」っていう思い自体が…