hitodama128/course128

lHitodama128/Course128/しらいしこうすけの雑記。Tech・まんがなどについて書きます。お仕事ください→Mail:hitodama128 at me.com

「ルパン三世 カリオストロの城」-シリアスからコミカルへと帰るキャラクターたち

ルパン三世カリオストロの城宮崎駿初の長編アニメ映画だ。もともとテレビ版1期のルパン三世宮崎駿が撮っており、その流れで劇場版も監督しているのだが、すでにキャラクターたちの描写は「宮崎キャラ」然としており、原作ファンからは「ルパンぽくない」と言われる作品でもある。

特殊な作品で、ルパンぽくないっていうのも事実だし、そういう感想が出るのもわかるんだけど、僕は物語が、そしてルパン自身がそれを自覚している描写があるから好きだ。

 

カジノ強盗に入ったルパンは、そこで盗んだ金が稀代のニセ札、ゴート札であることを突き止める。ニセ札の出所、カリオストロ公国に忍び込んだルパンはそこで政略結婚に苦しむクラリス姫を救い出す。

「ドロボウ仕事に精を出すコミカルな悪役のドタバタ活劇」と言った趣ではなく、物語はどんどんシリアスになっていき、最後、救われたクラリス姫はルパンに着いていきたいと抱きつくが、ルパンはクラリスを抱き返すことなく、「また闇の中へ戻りたいのか? やっとお日様のもとに出られたんじゃないか」と告げて去る。

ラスト、峰不二子が持ち出したニセ札の原盤を欲しいとせがみながら消えて行くルパン、追いかける銭形、それを見送る老人の「なんと気持ちのいい連中だろう」というセリフで物語は終わる。

 

こんなに丁寧に「大長編の終わりとルパン的日常への回帰」を描けていることが、「ルパンぽくない」への反論として完成していないだろうか? お日様のもとから闇の中へ、非日常から日常へと帰って行くキャラクターたちは、コミカルに自身のロールへと走って行く。数分前に「あなたの心です」と言っていた銭形が「ルパンを追えー!地の果てまで追うんだー!」と言っているのはまさに象徴的だ。当初の目的であった「ゴート札の原盤」を峰不二子が持っているというところも相まって、「着地」が素晴らしすぎる。

 

逆に言えば、これが宮崎駿の「ルパン」なのだ。そもそも原作・他のアニメにおいてルパンは人もバンバン殺すし、善人でも「いつもコミカルなドロボウ」でもない(場面によるけどいつもではない)。むしろハードボイルドな、ドロボウへの美学を持ったキャラクターとして描かれている部分が多い。

しかし宮崎は「ルパンがルパンであるためには、ルパンは絶対にコミカルな世界に帰ってくる必要がある」と考えているように見える。だからこそあのラストでしかあり得なかったのだろうと思うのだ。もちろん、いつもコミカルなキャラクターが走り回るような世界では、銭形の「あなたの心です」

は機能しなかっただろう。いきなり銭形にあんなこと言われたら笑ってしまう。しかし、ドラマの連鎖があのセリフを金言とし、さらにそのドラマをコミカルに終わらせて行く。この色彩、グラデーションの豊富さ。

全編を通して描かれるアクション、隙のない画面、次元大介の頭の悪さ、全部がすごいけれど、シリアスな舞台を降りて、コミカルな闇の中へと帰って行くキャラクターたちのメリハリ、それを納得させる幕の降ろし方に、いつも感動してしまうのです。

連載「終わりのゆくえ」を始めます

昔、『ラブひな』のインタビューで著者の赤松健が言っていた。

「可奈子は『終わらせキャラ』なんです」

この言葉を読んでから、僕は物語の終わり方について意識的に考えるようになった。

主人公の義理の妹として登場する浦島可奈子は、連載終盤にいきなりやってきて、その後起こるいくつかの事件の中心人物となり、最終的に主人公の恋愛が成就するシークエンスを補強していった(こんな風に書くとまるでとても可哀想なキャラクターに見えてしまうけれど、彼女の思いは真っ当で、都合のいいキャラクターとして描かれていたわけではない)。

 


物語の美しい終わり方、自分の好きな終わり方とはどんな終わり方だろう、と考える。それは同時に「物語ってなんだ?」という問いへの答えを探す行為なのだと思う。

物語を体験する。それを体験した観客・読者が、自身の中に感情の動きを観測する。その感情は、その物語を見なければ生まれなかった感情で、物語には、その感情を起こさせるために機能しているような、そういう側面がある。物語を見るとは、ある種物語に付き合わされることだ。

そして物語における登場人物の感情や行動の連鎖、あるいは不和を「ドラマ」と呼ぶ。そのドラマにふさわしい終わりとはなにか? その答えは作家の中にしかないのだけれど、しかしその終わり方に美しさや、格好良さを見出してしまう。

 


というわけで好きな物語の終わり方について連載することにした。連載タイトルは「終わりのゆくえ」。ちまちまと書いて行くことにする。

とりあえず第一回は「ルパン三世 カリオストロの城」です。

借金玉氏のハウツー本は、人生という死にゲーのドキュメンタリーだ

この本には、発達障害者の死に覚えゲーの記録が残っている。タイトルは編集者と一緒につけたのだと思うのだが、恐ろしい内容だ。タイトルに辟易せず、すでに診断を受けている人にも、自身の発達障害を疑う人にも読んでほしい。

僕がADHDの診断を受けたのは小6の終わりで、動作性IQ74、言語性IQ124というデタラメな振れ幅が僕を僕たらしめていた。今に至るまで常日頃、「定型発達者から度々発せられる発達障害者への安易な共感」にイライラしていたのだが、この本にはその安易な共感がなぜ生まれるのかすら書いてある。なぜ定型発達者は、自身が知り及ぶことのできない私の苦しみに安易な共感を向け、「それぐらい大したことない」というような謎のレッテルを貼る悪趣味をみんなが持っているのだろう? と常々思っていた。彼らのそれは「対峙している人が、自身と同じ人間である」という安心を得るために存在するだけの、自己防衛的な感情であったか、断罪に快感を得る「優しくない人」なのだ、と思っていたが、これは「部族の愛」だったのだと今思う。
数多の発達障害者は(無意識にでも)人生を「死に覚えゲー」で捉え、向き合っていると思う。その「死にゲー」の記録が「ライフハック」として大量に書いてあることで、「これは俺もやってる」「これは俺には確実に向いていない」「これはやらなくても大丈夫」と、読むだけでその効能を推察できるのが素晴らしく、そう思った瞬間「あ、もしかして定型発達者は自己啓発本をこうやって役立てているのか!?」という気づきがあった。

僕にとって自己啓発本とは、
「テンションとプライドと声のでかい、高いネクタイをした男が自分の宗教を自慢する本」
「書いてあることは例外なく『それが出来るならこんな本読んでないわ』と一蹴せざるを得ない内容の本」
「一級品の材料だけで描かれた、『そんだけいい材料使ったら何でも美味いわ』という料理本」
でしかないと思っていたので、本当に衝撃を受けた。
僕は左利きなのだが、左利きは右利きよりも、自販機や急須や缶切りなどが「少しだけ」使いにくく、日々難儀している。これを言語化したときに右利きの人々は「なるほど」と相槌を打つのだが、同じ気持ちになった。
「出自のあり方から自己肯定感の薄い数多の発達障害者が、それでも社会で生きていくために行っていること」を、当事者の目線で言語化していることに意味があり、ドキュメンタリーとしての側面も持っている。
おそらく、100人の発達障害者が居たら、100つのハウツーがあるのだ。無意識にでも行っている、定型発達者から見たら奇異にも映るような行動が具体的に、それらの効能も合わせて記載されたことは、革命的なことであると思う。
例えば、「無くしたり、忘れたりすることを防げないなら、名刺ケースを4つ持つ」というのは、僕自身もやっていたハックだ(会社の下にダイソーがあったので、取材に行くとき名刺ケースを買いまくっていた)。
しかし、これは「ハック」として行っていたのではなく、忘れてしまうから行っていた。だからいつも「自分はアホだなあ」と思っていた。
しかしこれが「ハック」として定義され、実践できることで、発達障害者は自尊心を失わずに問題の発生を未然に防ぐことが出来る。「無理ならやらず、未然に回避せよ」が徹底されているのも、この本の素晴らしいところだ。「睡眠はスキルなので、スキルがない人はとっとと睡眠薬を飲め」なども圧倒的に正しい。

また、「人間関係」の章に関しては、自身も人付き合いの中でかなりの部分を解き明かしていたため気付きは少なかったが、同時に「こんなに大変な思いしてるの俺だけじゃないんだな」と思えて、気が少し楽になった。人は条件を定義して判断を積み重ねる生き物なのだと、人の尊厳は発達の度合いにかかわらず保たれるのだ、という当たり前のことに感動する。

反対に、自身に向いていないハックもある。僕には軽い書字障害が有るため、キーボードは無限に叩けるけどペンを握った瞬間何も書けなくなるので、メモ帳やアイデアノートの活用は自身には不可能だ。
でも、そんな自身にも、効率的に文章を書くための自分なりの技術がある。そして、それが他人の役に立つかもしれない、と気づけたことはこの本を読んで得た大きな収穫だ。
とにかくいい本だった。僕にとってこの本は自己啓発本でもハウツー本でもなく、
「大失敗を未然に防ぐ、少失敗で乗り切るための発達障害者ドキュメンタリー」に近い。
やっていくことが少し楽になりそうだな、と思った。

 

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

 

月。

14日

先日知り合った外国人、頻繁に連絡をくれるので嬉しい。コミュニケーションの化物っぽい。「今週何してたの?」と聞かれた(調べたら英語圏ではよく見るコミュニケーションらしい)ので、「友達と酒のんでカードゲームしてたよ」と伝えた。
そう、今週は人と会う予定を少なくしようと思っていたのだが、気づいたら月曜から木曜まで毎日友人と会っていた。

<月>
友人からいきなり「突然なんだけど家行っていい?」とLineが届く。確認したのが15時で、既に一日も終わりつつあったのだがバカなので良いよ、と返信。週頭からいきなり友人が泊まりに来た。
生物学が好きな友人で、科学誌の話などを聴く。
「生物の進化は"これまでなかった情報"がゲノムに書き込まれる瞬間に規定される」
「遺伝子が知っていること=ゲノムに書き込まれていることが生物の、ある程度の行動規範となるのであれば、人間以外の生物にも"倫理"の概念があるのではないか?」
と研究した学者がいるらしい。
要するに、殺人とか近親相姦とかが禁忌とされるのは「警察に捕まるから」ではなく、種の保存に対してのリスクとなり得るからだけど、そのタブーを生物がゲノムに従って避けている状態、というのは「倫理観を持って行動している」という状態と何ら変わりないのでは、という話。大変面白かった。

 

金土日のわたし。

<金土日のわたし>
金土日は
金(11):友人に誘われて飲み会へ
土(12):昨日知り合った外国人とタイフェス→秋葉原サイファーへ
日(13):Magic:the.Gatheringの大会→デザフェスへ

という感じでした。

<<金>>
秋葉原でMagic:the Gatheringの店舗大会に出ていたら、秋葉原サイファーの友人から秋葉原で飲んでいると連絡が来たので大会終了後に合流。飲み屋に着くと既に出来上がった友人が、隣席の外国人2人組(日本語学校飯田橋にあるから秋葉原で飲んでいたらしい)と意気投合。友人が英語ベラベラでLine交換とかし始めちゃったので僕も交換した。終電で帰ったが、帰ってもまったく眠れず、明け方寝たらあからさまに寝すぎた。

<<土>>
夕方起きてiPhoneを見ると昨日の外国人からLine。「昨日はありがとう!今日タイフェスに居るんだけど来ない?代々木公園でやってるよ!」とある。バカなので行く。もう一人、新たな外国人と仲良くなる(こっちは日本語超うまい)。

 ビールを飲み、カオマンガイを食べ、タイフェス終了後「秋葉原の公園でオタクがラップしてるんだけど見に来ない?」と秋葉原サイファーに誘う。ビールめっちゃおごってくれた。バグった日本語と英語を矢継ぎ早に交わしながらビールを飲む。「日本語がだいぶ話せる外国人特有の悩み」なども聴けて面白かった。2人の外国人には「必ずまた飲もう」と伝え、終電で帰る。

<<日>>
早めに寝たのでスッと起きた。雨だがMagic:The Gatheringのモチベがある(今までは対戦もストレスフルだったが改善してきた)ので、12時から高田馬場で大会に出る。
ここを見てくれ→5/13晴れる屋休日モダン


大会の後、デザフェスが19時までやっていたので見に行く。初めてのデザフェス。
「アート系」というざっくりしたイベント、藪をつついて何が出るのかわからない怖さがあっていままで行けなかったのだが、行ってよかった。造形のサークルはどこも面白く、良いものを見た。
また、8年前にコミケで画集を買ってから終えてなかった作家さんも偶然見つけ、久しぶりに新刊を手に入れられたことがとても嬉しかった(好きなサークルの名前は絶対忘れてはいけない)。

Aokawa waka Portfolio

 

という3日間でした。

あと、

くるみとココナッツのキャラメリゼ素焼きアーモンド入り|ローソン

これがめっちゃうまい!
今日国際展示場のローソンで買ったのだが、あまりにもうまくて家の前のローソンでもう一度買った。ぜひ食べて。

ざっくりとした経歴と近況

<ざっくりした経歴>
2014年7月、出版社に入社
2017年4月のある朝、身体が動かず通勤不能→10月に出版社を退社
11月に別の会社に入社→病み上がっておらず2017年末に退社
→現在に至る。
身体疲労+精神的な不調。最近になってだいぶ調子が良くなってきたのだけれど、そういう時期が一番危ないので、4月から今に至るまでの自身の経過を、自戒も込めて書き留めておく。
(私は"死にたい願望"が全く無いのでそういうやつではないです)

元々僕はわりと外交的な性格だと思うし、人と話すのも外に出るのも好きだ。それは不調になっても変わらないのだが、それらの行動(人と話すこと・外に出ること)に滅茶苦茶体力が必要になった。というより、コミュニケーションに体力が必要なのは当たり前のことで、その体力が完全に失われてしまった、ということだと思う。外で友達と話すだけで心身疲れるようになり、その場では楽しくコミュニケーションが出来ていたとしても、翌日すごい疲労が出て、もう、露骨に「ダメ(今便宜上名付けた)」になった。今までこんなことなかったのに。

「ダメ」という状態は厳密に言うと、

・楽ではない
・楽しいわけではない
・特にやりたいことはない
・眠くもない
という、社会活動へのモチベーションが著しく下がった状態で
・寝る
・トイレに行く
・軽食を取る

以外の行動を取らなくなることで、

一度出るとダメが4日間続いたりした。気づくと平日が終わっていた。最初の頃は何故ダメになるのか、つまり疲労の元凶が掴めておらず(人とコミュニケーションするのは好きなので、まさか好きなことが負担になっていると思わなかった)、「人と会う予定を無理矢理作って『ダメ』からの脱却を目指そう!」と考えていたのだが、作用は全く正反対で当然その翌日からまたダメ。これに気づいた時はかなりショックを受け、それ以降意識的に「人と会わない日」を週ベースで平日に数日設定するようにした(今も続けている)。

 

<近況>
今現在はかなり楽になった。人と会った翌日も、モチベーションを保てているように思う。
ブログを更新するのも、「文字を書き、近況を振り返る習慣を作る」という気持ちで始めた。
そういう「気持ち」=社会生活へのモチベーションを持てていること自体が、数ヶ月前とまったく違うので、明確な改善であると思っている。
6月から失業保険をもらいながら就活するつもりだが、「いつダメが来るか」と強い不安が募る。入社後、会社に迷惑かけたくないし。

ゴールデンウィークのわたし

GWは
Magic The Gatheringの大会
•コスエクスプレス
•大学時代の友人がいる劇団の芝居
•Maison Book Girlワンマン「Solitude Hotel 4.9」@東京キネマ倶楽部
コミティア124
•第十五回博麗神社例大祭
•GASOLINE vs 挫・人間

などに行きました。上から行こう。


Magic The Gatheringの大会
ここを見てくれ→http://smallstone.diarynote.jp/201805071959261901/


•コスエクスプレス
2年前の冬コミで、すごい素敵なロングスカートのメイドさんコス本を見つけ、それ以来ことみさん、という人のファンなのですが、その人の新刊が出るというので買いに行った。コスプレオンリー即売会に初めて行ったので色々衝撃を受けた。入り口で身分証を出す即売会に初めて行った。

会場が1F、4F、5F、6Fと別れており、自分の買い物は1Fだったので2秒で終わったのだけど、全部の階に行ってみることにした。
簡単に言うと、1Fは健全で、4F/5F/6Fは登るごとにエロかった。
5Fとかになると、”すげえ服”着た女の人が大量にいて、そんで笑顔で自分のエロ写真が入ったDVDを売ってるんですよ。
会場は同時に撮影会の様を呈していて、サークルで撮影券を買うかもらうかして、指定された時間に行けば数秒から数分の間1to1で撮影できる、という仕組みになっていた(撮影券の扱いはサークルにもよると思う)。
「めちゃめちゃ可愛い女の子にお金払うと一定時間写真撮れるシステム」がそもそも未体験カルチャーで、見たことも無いことが起きまくっているので、コスプレ酔いを起こして1Fまで降りた。
さっき本を買った時に、ことみさんの撮影券をもらっていたので、撮影させていただき、会場を出た。1Fが牧歌的で本当に良かった。

イベントは18禁だったけど、あのイベントに18歳男子が行ったら脳が灼けると思うので、21禁とかにした方がいいと思う…。


•大学時代の友人がいる劇団の芝居
で、コスプレ酔いした頭で新宿に行った。”大学時代の友人”というクラスタが僕にはほとんど存在しないのだが、数少ない「顔と名前が一致する友人」が新宿で芝居を打つというので、久々に会おうと思い行ってきた。芝居自体はそこそこ面白かった(酷い芝居は開始5秒で酷さに気づき、後は指をこねるぐらいしかやることがなくなるのでそれよりずっと良かった)。
https://reticleza.stage.corich.jp 

そういう感じでした。


 •Maison Book Girlワンマン「Solitude Hotel 4.9」@東京キネマ倶楽部
開幕5分ぐらい遅れてしまったのだが、入った瞬間にすべてを理解できた。スクリーンには見慣れた日付、前回年末の20171228「Solitude Hotel 4F」をシーケンスとして”再生”していた。そして件のFaithlessnessではやはり口パク、サビではメンバーが一人ひとり退場していき、井上唯さんが白い箱を持ってくる。全員が消えたかと思うと、再度舞台に帰ってきて、照明が光ると生歌でFaithlessnessを歌う!スクリーンの日付は20180504!ブクガが現世に帰ってきた!
そこから怒涛のライブセトリ、新曲も2曲やって、すごくすごく良かった。4F見てた人は絶対嬉しいライブだった。
「レインコートと首のない鳥」格好良かったな。シングルも楽しみ。もうすぐイギリスでアナログ盤が出るので(通販でプレオーダーできた)これも楽しみ。
ブクガ知らない人は、Youtubeでライブ見てみてください。
(いきなり4F見ると困惑するので3Fから見るか、既存の単曲の動画見てね)


Maison book girl 2017,05,09「image tour final “Solitude HOTEL3F”」 @AKASAKA BLITZ


コミティア124
僕はコミティアが大好きなんだ。
コミティアは創作同人オンリーの同人誌即売会。既存の作品のファンアート・二次創作は頒布されないのが大きな特徴。
前日に下川から連絡が来て、一緒に参加することになった。初参加だと言うので意外だった。
当日、「あともう一人、初めての参加で不安だから合流したい、っていう人がいるんですけど一緒に行ってもいいですか?」と言われ、「僕はいいけど…笑」となって合流した。
突然だけど「初めて中規模~大規模の同人誌即売会(イベント)に行く時、覚えておきたいこと」を書いておく。

 

・あらかじめ開催の前にカタログを買って、家で全部読む。
→ぶっちゃけこれだけきちんとやっておけば間違いは起こらない。会場でのルールも欲しい本の場所も全部載っている。初めてのイベントではおそらく会場で呆然としてしまう。欲しい本があるならそれがどこに売っているのかを地図上で見ておくこと。

・気になる”ジャンル”がどこで売っているのかを地図で見ておく
→目的の買い物が終わった後で、どこを歩けば面白いか何となく分かるから。

・1万円札よりも1000円札10枚
→単価が安いので、お釣りを用意できないサークルもいます。1000円持っていきましょう。

・午後から行く
コミケは10時開場、コミティアは11時会場。スタート直後は入場列があるので、せっかく会場についても中にはいるのには時間がかかる。

「なんとなく気になる本が売ってるらしいしとりあえず行ってみる」という感じで行くと、滅茶苦茶人多くて面食らうし、有名サークルの本だと買えなかったりもするし、なにがなんだかわからないまま帰ってきてしまうこともあると思うので、それはすっごいもったいない。有名サークルの本は同人ショップで委託されたりもするので、初回の参加から、「会場で買うために全力出す」のはあんまりおすすめできない。

と、そういうことを人に伝えながら生きている同人誌好きなオタクなので、初参加の人に後悔してほしくないし、楽しんで欲しい、と強く思いながら、3人パーティで歩くことに。コミケとティアでブーストが働くタイプのオタクのため、初対面の人に「よく歩きよく買うきしょいオタク」を存分に見られてしまった。悲しい。
売野機子先生<ロボット・シティ>の新刊が欲しかったのだけど、完売しており、「完売おめでとうございます」と申し上げました(ZINでの委託決まってて超嬉しい)。

その後、下川と僕の聖地的カレー屋さんへ移動し3人でカレーを食べていると、下川に連絡が入り、合流者が更に増えるということで、もうこれはビールでも飲むしか無いなということでメイドさんの居るカフェ的な居酒屋的な店へ。
ここでの会話が大変に楽しく、自身まったく身にそぐわない机の末席で、こんな楽しい時間過ごしていいのか?と言うような時間でした。本当に楽しかったので、これはマジなんですが、肩こりが消えました。
解散後、帰路につく時気づいたんですが、こんなに楽しい思いして、しかも手元に同人誌あるのマジかよと思いますよね?
自分で買ったこと瞬間的に忘れてたりするから、”え、好きな同人誌すごい手元にあるんだけど天才か?”と思う。
家に帰って少し寝て、買った同人誌を読んだ。
<ていこくらんち>の「カメラバカにつける薬」がめっちゃ面白いです。もう、めっちゃ面白いです。
https://teikokulunch.booth.pm
ほかにも買ったけど、好きな同人誌はまた別で記事にまとめたい。


•第十五回博麗神社例大祭
バカなので翌日も国際展示場へ。例大祭の参加は13年ぶり。前回は第二回の例大祭に参加して、それ以降、東方界隈が水で膨らむ怪獣みたいにいきなりドカーンと大きくなって、いきなり大きくなるものが怖いから追わなくなっちゃったんですよね。でも、最近また東方界隈を少しずつ追うようにしている。その一環として、超久しぶりに参加した。
不思議な縁で知り合った人などに挨拶をしつつ、本などをふらふら買っていると、一昨日のコスエクで新刊を買ったことみさんに遭遇(企業のコスプレコンパニオンで、魔理沙コスをしていた)偶然お会い出来たので撮影させていただいた。
趣味とは、すべて、そう、すべての趣味が、すべてを取りきることは不可能な形で存在しており、どこかで絶対取りこぼしてしまうのだけれど、それでも僕らはそれを追いかけたいのだ。例大祭は楽しかったです。


•GASOLINE vs 挫・人間
で、例大祭が終わったタイミングで暇になり、せっかくなので新宿まで行ってこれを見てきた。O.Aの地球がくそやばい。も最高だった。
下川氏は特に調子が良くて、もう露骨に調子が良くて、梶原くんと「今日すげえ良いな」という話をした。あと梶原くんとはカードゲームの話もした。
挫・人間、シングルすごく楽しみです。セトリがシングルへの期待を高めて来た。古い曲と新しい曲で産まれるメリハリって、そこに当たるスポットライトと同じぐらいキラキラしたグラデーションになってて素敵。恵比寿リキッドルームのワンマンももうすぐじゃないですか。こっちも超楽しみ。

そんな感じのGWでした。今年は夏コミで新譜CD出す(ミニアルバム作る)必要が有るので、そろそろ曲を作らなければ、と思いこの記事書いてたら一日が終わっていました。文章は書かないと書く速度が落ちる。